リーダー要素が求められるフリーランス

プロジェクトリーダーには、プロジェクトプランの作成や管理・予算や人事などの管理・製品技術やマーケット知識・コミュニケーション力が必須であるとされている。
これらのスキル・知識は勿論のこと、チーム全体を統制する能力なども求められるため、プロジェクトリーダーの資質や能力次第でプロジェクトの結果が決定付けられると言われている。

開発者としての役割を担うフリーエンジニアが能力の向上を図ろうとする場合、プロジェクトリーダーのポジションは、極めて良いステップとなる。
フリーエンジニアとしての立場から視点の切り替えを行うことが、リーダーとしての責任や義務を果たすための課題となる。

IT業界を全体的にみた際、マネジメント能力やリーダーとしての力量を備えたエンジニアが不足している点が目に付くことが多い。
この様なことからも、特にこの数年間においては、主導者の資質を持つエンジニアの紹介を求める企業の面接担当者が増加している傾向にある。

元々は一技術者としてのイメージが強かったフリーエンジニアであるが、プロジェクトマネージャーやリーダーなどの経験を持っているという人にとっても、フリーでの活躍の場が数多くあるということになる。実際に、プログラマの会社員からスタートし、システムエンジニアやリーダーの実務経験を経た後に独立し、フリーで様々なプロジェクトマネージャー・リーダー案件の仕事をこなしているという例も多数みられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です